ナットのイラストの日々

キクイケナットです。イラスト制作の日々をつづっています。かわいい、ほのぼの系の絵を描いています。

アプリ Photoshop Sketch で絵に色を塗る

f:id:kikuikenat:20180403164249j:plain

今回の記事は、いつもと違う内容となってますー。

ここしばらくブログの絵日記をiPadの無料アプリ、

Adobe Photoshop Sketch | スケッチ・ペイントアプリ

で塗っています。

今まで使ってみて、どうやって色を塗っているかまとめておこうと思います。

(今回は長いので記事たたんでおきますー)

Photoshop Sketch(以下Sketch)は、名前の通り、
パソコンの画像編集ソフトPhotoshopのアプリ版です。
ただ、アプリは機能によっていくつかに分かれていて、
Photoshop Sketchはその1つなのです。(他アプリの説明は割愛)

で、今回はその中で便利な機能の1つ「レイヤー」を使って
絵に色を塗ろうってお話です。

ちなみに、ファイルを作って色を塗り始めるまでのどうすればいいかは、
Adobeさんのサイトにのってるので、よかったら見てみてくださいね。

 

まず、今回のまとめ図。

f:id:kikuikenat:20180403170538j:plain

レイヤーっていうのは、透明なシートみたいなもので何層にも重ねることができます。

Sketchでは「スケッチレイヤー」「画像レイヤー」の2種類があります。

新規のレイヤーは、画面右のレイヤーが並んでる上にある「+」ボタンを押すと作れます。

f:id:kikuikenat:20180403170741p:plain

まず、画像レイヤーに元にする画像(線画や下書きや画像)を貼って、
(画像レイヤーを作る時に画像を選ぶ画面が出ます)

必要があれば「描画モード」を設定。
(設定したいレイヤーを押して離すと、下記のダイヤログが出ます)

f:id:kikuikenat:20180403171020p:plain

レイヤーを「乗算」モードにすると、下のレイヤーの内容が透けて見えるようになります。

それを利用して、

☆利用法1:一番上に線画の画像を置いて、下のレイヤーに着色する

☆利用法2:下に下書きや画像を置いて、上にレイヤーを乗算にしてからなぞる

とかいう使い方ができます。

 

ちなみに私の絵日記は、利用法1を使って描いています。

f:id:kikuikenat:20180403171652p:plain

こんなんです。

 

利用法2の場合は、

f:id:kikuikenat:20180403171733p:plain

上のような元画像(今回は絵を描いた写真)を貼って、
その上のレイヤーで線をなぞる(トレース)したり、

f:id:kikuikenat:20180403171812p:plain

写真を乗算にして、下のレイヤーに色を塗って、ノートに色塗ったように見せることもできます。 

f:id:kikuikenat:20180403171909p:plain

 

iPad(他タブレット)で絵を塗るのもなかなか楽しいもんです。
練習してよりうまくなりたいですが…。

その2はそのうち書けたらいいなー。

気長にやりますー。(需要があるかは分からんけどw)

 

*****

☆コミックエッセイ冊子とイラストグッズ販売やってます( ´ ∇`)
minne 架空ストア(委託)

☆まんがのまとめはこちらです~ noteのページ

MOUNT ZINE さんにて、コミックエッセイ冊子委託販売中です。
(2018年5月ごろまでの予定です)

Twitterはこちら ☆Instagramはこちら